DSLRのAPS-C機に思うこと

最近はDSLRのAPS-C機を頻繁に使うようになりました。
理由は機材の小ささです。
以前はフルサイズの画質の優位性は圧倒的でしたが、昨今はセンサーや画像処理技術の向上でその差は大きく縮まったと思っています。
実際、日中のスナップではそのカメラの小ささに優位性をも見出すことができます。
このD3400も描写力は十分にあると思います。細かい設定はやりにくいですが操作感も慣れると問題ありません。希望を言えば、もうちょっと(値段を上げてでも)ボディのチープ感を払拭してくれたら言うことなしなんですけど。
e0303566_08025211.jpg
写真はメキシコシティから車で2時間ぐらいのところにある地方都市Pueblaの街で。
Nikon D3400, 18-200mm

Commented by tajiri8jp at 2017-03-20 20:19
昔の、普通のDタイプのレンズでもAFが作動してくれればすぐにでも手を出したいところなんですが・・。
Commented by keizo-f at 2017-03-21 00:07
Tajiriさん、ニコンはマウント径は維持しても、レンズの互換性についてはややこしくなってしまいましたね。
Commented by monopod at 2017-03-21 16:04 x
昨今は、低廉化と高級高額化が明確になってきましたねぇ。
まぁフィルム機のような耐久消費財ではなくなったので仕方ないかも。寂しいですが(-。-) ボソッ
Commented by MADAM at 2017-03-21 17:06 x
私もそろそろ35mmフルサイズセンサー機材のスケールが体力的に堪えるようになってきました・泪
ご存じのように超広角レンズを私は多用します。
以前は広角レンズの性能的にAPS-Cサイズへの対応で厳しい現実がありましたので、
妥協できる選択肢が非常に少なく、必然的にフルサイズ指向をせざるをえませんでした。
昨今レンズ性能が格段に向上し、フルサイズアドバンテージが絶対とは言えなくなりました。
あとは高感度性能に対するアドバンテージが残りますが、もうそれも過去の話になるかも、ですね。
Commented by M at 2017-03-21 18:10 x
ボケ量以外は全く問題ないというか、フルサイズと比較するのが野暮なレベルになってますよね。
画質は必要にして十分だし、ボディ、レンズはコンパクトで優位性ありますしね。
僕はフジとライカで十分です。
Commented by keizo-f at 2017-03-23 13:10
monopodさん、その通りですね。
なんか昔のNikon Fシリーズみたいに、ファインダーとか受像センサーとかモータードライブとかを後付けでいろいろ替えられるカメラがあるといいですよね。
Commented by keizo-f at 2017-03-23 13:14
MADAMさん、DSLRのフルサイズ機はいかんせんカメラが大きくなりすぎました。またグリップを強調したマッチョなデザインも、個人的にはもうそろそろ終わりにしてほしいです。APS-C機もミニD5デザインとかじゃなくて、小ささを強調できるデザインにして欲しいと思うんです。
Commented by keizo-f at 2017-03-23 13:20
Mさんのカメラ選びはハイソ感ムンムンで羨ましいです。
私は一眼レフでも昔のF3ぐらいの大きさが最も使い易い大きさだと思います。特に日本の日常であまり大きなカメラ振り回すのは、狭い道で大きなオラオラミニバン乗っている人みたいに、あまり賢そうに見えないですもんね。
by keizo-f | 2017-03-20 08:03 | Comments(8)

メキシコに引っ越してきました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30