Nikon F6

キャノンがとうとうフィルムカメラから撤退したのは、仕方なかったのでしょう。あとはニコンが残ってくれました。
F100をF6に買い換えたのはジャカルタ駐在時、多分2005年くらいか。シャッターを押すたびに精緻なフィルム巻き上げが起こる感触がたまらず空シャッターを何度もきった覚えがあります。
しかし、その頃にはDSLRがすでに市場に浸透していて、私のはD70でした。フィルムのフラッグシップ機とチープでプラスティッキーなD70にはどうしても愛情を持てないでいました。
e0303566_11181840.jpg
Nikon F6, 50mm f1.4, TX400

Commented by MADAM at 2018-06-06 16:02 x
キャノンEOS1vの販売終了でフィルムカメラの終焉にダメを押された感じですが、
その実、生産自体は2010年に終了していたと聞きました。
つまり、今買っても当時の生産在庫を入手していたということなんですね。
何年か前にニコンF6の年間出荷台数が2桁行くか行かないかというのを聞きました。
いま、一時絶滅したアナログレコードが復活して一定規模の需要がコンスタントにあるとか、
それに連れてプレーヤーの再生産も行われているとか、フィルムカメラはどうでしょうね。
Commented by cg3338 at 2018-06-07 12:31 x
フィルムカメラは膨大な数の中古機が市場にあるので、今からフィルムカメラをはじめようとする人も機材の心配はする必要ないと思います。でもやはり新品の選択肢がますます少なくなるのは寂しいものがあります。
機械式の幕引きシャッター機なら修理してくれる職人がいる限りこれからも使えます。フィルムの販売がなくなってしまうような事態になったらどうしようもないですけどね。もしそうなったら、誰かフィルム室に入るようなデジタルパック作ってくれたら嬉しいな。。。
リバーサルの現像の件、いただいたコメントに返信しました。
Commented by keizo-f at 2018-06-10 01:25
MADAMさん、生産数量が極端に落ちると、部品サプライヤーがついてこれなくなるのと、生産ラインでの技術者が維持できなくなるんでしょうね。修理も同様なんでしょう。
今あるフィルムカメラを大切にしましょう。
Commented by keizo-f at 2018-06-10 01:26
CG3338さん、いいコンディションの中古は捕獲しておかねばなりませんね。笑
修理していただける職人さんがいるのは頼もしいです。
コメント、ありがとうございました。参考にします。
by keizo-f | 2018-06-05 11:18 | Comments(4)

メキシコに引っ越してきました。