カテゴリ:未分類( 1012 )

マウントアダプターを日本でポチッとし、出張者に持ってきてもらいました。
SHOTENというメーカーで6,600円。
早速ズミクロンを装着してみると、実にいい具合。
カメラの携帯性、操作性を語るときボディの大小を議論するむきもありますが、個人的な意見としては本当はボディよりレンズの大きさの方が影響大だと思っています。その点でライカMマウントレンズが使えることは非常にありがたい。実際、左のMPと比べてもNikon Z6が結構小降りに見えると思います。Zのレンズは描写性能はバリバリに高いですが決して小さいとは言えませんから、これはありがたい。
e0303566_02545646.jpg
ところが! (Moreに続く)


More
by keizo-f | 2019-01-14 03:07 | Comments(2)

謹賀新年

こちらではカレンダー通りの休みしかないので、あまり正月気分はありません。
しかし、今日は家のクリスマスツリーも片付け、散髪もし、気分を入れ替えています。
e0303566_13060753.jpg
Popocatepetle火山
Nikon Z7, 14-24mm


by keizo-f | 2019-01-06 13:06 | Comments(8)

いい加減なタイトルですが、要は結構好きなんです、ワイコンとかテレコンとか。
まるでゴルゴ13が銃口の先にサイレンサーをキリキリとはめ込むむたいなプロ感があるでしょう? (個人の見解)
昔はメーカーからも「正規品」が結構でていましたが最近ではほんの一部を除きなくなりました。
一時はあらゆるオプションがあったサードパーティ製もほとんど在庫処分状態。

Nikon COOLPIX Aはたぶん不人気機種のひとつですが、私には最も稼働率高い人気機種。
APS-Cセンサーの写りは伊達ではなく小さいため出張にはほぼこれ一台であちこち連れまわし、もうボディは傷だらけ。
オキニなので何かカスタマイズしたいが、いいものがない。
そこで思い出したのがワイコン。B&Hをブラウズするとこの口径に合いそうなものがRAYNOXからひとつあり衝動買でポチッと。
e0303566_02155713.jpg
うーん、箱が安っぽいし、なんか日本語でワープロ書きの品番が貼り付けられアングラ感がモリモリ。笑 しかしレンズはガラスの塊みたいでずっしり重い。いいぞ!
装着した佇まいもなんかコンデジのチャラい感じがなくなりナイス。
e0303566_02165340.jpg
それでいて小型さは失わずかっこいいので手にとって写真を撮ろうとするが、ハクちゃんは丸無視。
e0303566_02162897.jpg
ただ唯一にして最大の問題は、肝心のその描写力。
早速事務所のクリスマスツリーとハクちゃんで試し撮り。
しかーし、これはまるでスマホの安いアプリでインチキぼけ作ったみたいじゃないですか!!!
e0303566_02171680.jpg

e0303566_02173531.jpg
寄れるんですけどね、、、。
難しいことはわかりませんがコンデジのセンサーが小さい頃はごまかせたものが、センサー大きくなるとやっぱりあかんのでしょうか? うーん。
今年最後のビミョーな買い物でした。


by keizo-f | 2018-12-26 02:44 | Comments(6)

似た様な写真ですみません。溶岩同様、噴煙もすごかったので。
月光に照らされる噴煙もおどろおどろしくもあり、美しくもあり。

e0303566_09122004.jpg
実を言うと、星景タイムラプスを撮り終わったあとで急に噴火があったので、望遠に切り替え噴火の様子をがっちり撮る暇がなかったのです。
Nikon Z7, 14-24mm

by keizo-f | 2018-12-25 09:13 | Comments(2)

日本のテレビでブラジルと名前が出てくると120%判で押したように必ずリオのコルゴバードのキリスト像の空中撮影が出て来ますが、あの像も巨大な岩(ポンジアスーカル:「砂糖パン」の名)の上に立っています。
それに次ぐ大きさなので、世界で3番目の岩らしいです。一番はもちろんオーストラリアのエアーズロックですね。
メキシコシティから2時間半のドライブ、ペニャ・デ・ベルナルはパワースポットらしく、UFOの目撃も多い?とか。
小さな観光の街ですが、その他には何にもないのでゆっくり休養できました。笑

e0303566_08425522.jpg

FUJIFILM X100F

by keizo-f | 2018-12-24 08:43 | Comments(4)

Popocatepetle火山 5426m

久しぶりのpopocatepetl山(5426m)へメキシコの写真家たちと。
雪が積もっていないなぁと愚痴っていたら、それが聞こえたのか噴火でサービスしてくれました。Gracias!

e0303566_12392860.jpg

Nikon Z7, 14-24mm

by keizo-f | 2018-12-18 12:41 | Comments(10)

ペリカン

ペリカンはメキシコに代理店がなく販売も修理もありません。
メキシコの高度・気圧も影響するのか軸から液漏れがみつかったのでしばらく使えませんでした。
夏の日本一時帰国時に修理を依頼、滞在中には修理完了できず。お店からは日本の実家宛に送付してもらっていたものがやっとメキシコに帰ってきました。
修理依頼は信頼おける神戸の万年筆専門店へ。帰って来たペンには修理内容・交換部品のほか、ご店主の直筆のお手紙まで添えてありました。
他のペンも手元にありますが、私にとってはこのM800の重さ、軸のバランスが最高で書きやすい。
修理には結構手間とお金もかかりましたが、飾っていてもしょうがない。カメラと一緒で気に入ったものはまたガシガシ酷使していきます。
と、言いつつ最近カメラ使ってない、、、。

e0303566_07520655.jpg


by keizo-f | 2018-12-10 07:52 | Comments(2)

夏のお買い物 CONTAX ST

もう11月で過ぎた話題ですが。
8月に一時帰国して是が非でも訪れたのはCONTAXの聖地、カメラの極楽堂さん。
メキシコの手元に一台だけあるCONTAXはRTS II。その巻き上げスプールの一部が自動していないのに気づいた。フィルム自身の動きできちんと巻き上げられているので今の所撮影に特に問題はないのだが、少し心もとない。メキシコではCONTAXを販売する店はもちろん修理できる店はない。
そこでバックアップ用にとお店と相談、あれこれカメラを出してもらって選んだのがこのST。
最後まで迷ったのがRTS III。超弩級のボディは過去に一度手にしていた。あまりの重さに手放したが、その精緻なボディはもう一度手にしたいと思っていた。しかし今回はあまりコンディションのいいものが無かったため選んだのがST。
お店の方が弱点としていたキュイーン、キュイーンと少しうるさく緩い巻き上げ音もかえってレトロ感あり、よろし。
ホールド感も、剛性感もさすがCONTAXというヨロコビ。
AEロックがスポット測光でしかできないという弱点もアドバイスされたが、日頃からテキトーな露出でしか撮っていないのでモンダイなし。
(しかし、そういう弱点をもきちんとアドバイスしてくれる専門店は、やっぱり頼りになりますね。)
e0303566_06275743.jpg
で、使用感はどうか?
いや、実はまだフィルム一本入ったまま取りきってもいないのです。笑 それは、これからノンビリと。

by keizo-f | 2018-11-26 06:28 | Comments(6)

初心

とあるメキシコの写真クラブで講演をさせていただくことになり、過去の写真をHDDから引っ張り出しました。
写真に興味持ち出したのは2001年にジャカルタへ赴任した時です。
まだデジカメ黎明期でDSLRがそろそろ庶民の手に渡り出すころだったでしょうか。
パナソニックからは、M型ライカを少し膨らした感じのカメラ、LC-1がありました。
パリ島の田舎に行った時の一枚はそのカメラで。
今のデジカメのような小賢しい機能はありませんでしたが、一枚一枚が楽しい思い出です。

e0303566_11445940.jpg
Panasonic Lumix LC-1


by keizo-f | 2018-11-25 11:45 | Comments(6)

写真はNYCですが、メキシコシティも寒くなってきました。朝晩は10度以下。問題は日本のように暖房器具がない(一般的でない)ことなんです。これはこたえますよ。オフィスでも冷房はあっても暖房はない。特に女性はダウンジャケット着たまま仕事している人もいます。

e0303566_01035090.jpg
Nikon Z7, DX 70-300mm


by keizo-f | 2018-11-20 01:04 | Comments(4)

メキシコに引っ越してきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31