<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

NY SOHO散歩

3月は2回もNY出張があったのですが、毎週の雪には翻弄されました。
しかし先週末は雪の後はピーカン。土曜日の朝、飛行機乗る前にSOHOのInternational Photography Centerまで。
その後、前日の酒が過ぎたか疲れていたので中華街で足つぼマッサージで眠りこけ撃沈。本当はユニクロ行って買い物もしたかったのですが時間なくJFKへ。
以下写真はSOHO地区の二日酔いスナップ。おしゃれなカフェやオフィス、ギャラリーが散らばっています。
e0303566_22575732.jpg

e0303566_22563215.jpg

e0303566_22553789.jpg
X100F
「コンデジ」と軽く呼ぶのはためらってしまう本格派。なんでもない光景にもシャッターを押したくなります。
ファインダーも秀逸だが特にクラッシッククロームJPEG撮って出しが最高にいいカメラ。
故あって手元にやってきました。


by keizo-f | 2018-03-30 23:02 | Comments(4)

Itztaccihuatlは5286m

Itztaccihuatlは5286mのメキシコシティから行ける火山。
もちろん頂上に行く装備も経験もないので今朝は4300m付近まで。
それでも酸欠で頭痛を感じながら結構しんどかった、、、。
宇宙に続いている様な群青色の空が印象的でした。
e0303566_13570686.jpg


Nikon COOLPIX A, PL Filter

by keizo-f | 2018-03-30 13:59 | Comments(4)

先出の美人カメラマン(達)と散歩しているときにみつけた車。
e0303566_12034889.jpg
BMWのバッチが付いているけど、ふざけて付けているんだろうと思っていました。
偶然、ディスカバリーチャンネルの「名車再生 クラッシックカーディーラーズ」でこの車が取り上げられていて本当にBMWだったんだと初めて知りました。
車の前面がドアになっているのもイカしています。今はミニがBMW傘下になっていますが、こっちの方がはるかに小さい。いつか乗っていみたいですな。
e0303566_12041884.jpg

Nikon Df, 58mm


by keizo-f | 2018-03-29 12:04 | Comments(6)

メキシコの写真家

アレハンドラさんは、写真家兼音楽家。様々なジャンルを撮られるようですが音楽家のポートレートは特に秀逸。やはり自分も演奏するので演奏家の撮られたいアングル、ツボがわかるのでしょうか。
週末の夕方に仲間にお誘いいただき、5人で石畳の残るコヨアカンという街を散歩。
ところで「ニコン使いの女性は美人が多い」説は誰が言い出したかわかりませんが、当たっていると思います。笑
e0303566_00590469.jpg
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-26 01:01 | Comments(10)

夜明けの海岸

幅広いビーチは、それだけで開放感があります。
e0303566_13212478.jpg
ところで私たち家族は海岸に寝そべっていましたが、欧米人はプールサイドにいるんですよね。せっかく海に来たっていうのに。笑
そして、せっかくだから波の音とか訊いていたいのに、なんであんなにガンガン大音量で音楽流すのでしょう。西洋人リゾートの辟易するポイントです。
前回に続き安易なタイトルですみません。
Nikon D500, 18-300mm

by keizo-f | 2018-03-25 13:22 | Comments(6)

夕暮れ海岸

カンカン照りの太陽が沈み出した頃、海岸に子供達が出てきました。
波が高くて遊泳禁止なんですが、まるで雷の様な波の轟に大喜び。
e0303566_13364232.jpg

Nikon D500, 18-300mm

by keizo-f | 2018-03-22 13:36 | Comments(4)

クジラ

バハカリフォルニアの最南端、Los Cabosにクジラを見に行ってきました。
3時間弱、小型ボートでクジラを探します。
最初に簡単に親子2頭を含む3頭のクジラに出会えたので、意外に会えるもんだなと思ったらその後は1頭だけのほぼ坊主。
しかし、その姿にはやっぱり感動しましたね。
残念なのは、当たり前ですが水の中に住んでいるクジラを写真に収めるのはなかなか至難の技。
図鑑で見る様なジャンプしている姿はなく、背中が見えるのがやっと。
とにかく船が揺れるので大型レンズでは振り回しにくい。そこであえてAPS-C機で臨みましたがもう少し長いレンズが欲しかったです。
e0303566_14305665.jpg

Nikon D500, 18-300mm, PL Filter

by keizo-f | 2018-03-21 14:31 | Comments(4)

宝くじな男

当たるといいですね。
e0303566_12471534.jpg
この58mmという画角、スナップ写真に使うには最初は少し狭いと感じました。何かをちょっと見つめる画角という感じですかね。背景が入る範囲が限られるので大雑把にできずかえって気を使います。しかし、慣れてくるとそれが面白い。
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-17 12:50 | カメラ | Comments(2)

魚な男

自転車の上に魚がついている。
自転車は走りながら魚の顔が左右に揺れる、顎が上下する。
休日の公園に現れ、子供達の人気者となる男。
操作の仕方などを一通り教えてもらったが、「何が目的ですか?」なんだかそれは訊いてはいけないことの様に感じて尋ねられなかった。
e0303566_05423477.jpg
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-12 05:43 | Comments(4)

米国では安いんですよ、DOMKE。ついつい出張に行くと増えてしまいます。
F-6が擦り切れかなり痛んできたので、同じ形では芸がないと思い年末にF-4買ったのです。しかし、思っていたより大きくて不恰好。
そこでF-3X、ついでに前から気になっていたワックスウェアにしてみました。
e0303566_07342516.jpg

<ワックス>
想像していたよりもかなり「ベタベタ」でびっくり。
機材を入れると機材がベタベタになる。このままで使う人いるのかな?というぐらい。うーん。
そこで、躊躇せず洗濯機で洗った後がこの写真。
e0303566_07301658.jpg
少しはベタベタが緩和されたけれども、日陰干しした朝、ワックスが表面に浮き出てきた。タグのMade in USAは嬉しいが、うーん。
e0303566_07315226.jpg
日向に置くとワックスが溶けて表面に浮き出てくる。とてもこのままでは使えない。


またもや躊躇せず、今度は手洗い。洗剤に浸けたわしでゴシゴシ。
ワックスを全部取り切らない様に少し手加減して。陰干しとか面倒になり日向でがっちり乾燥。

e0303566_07311967.jpg
乾燥後の姿が一番上の写真。ちょっとワックスが残り今度はいい具合。ただ、一回も使ったことないのに、なんだか10年ぐらい使った風合い。笑
ワックスが付属してくるが、まあ使うことはなかろう。生地もオリジナルのキャンパス地がまるで「リーバイス501」の様ながっちり感に対し、これは「ユニクロのチノパン」みたいな薄さ。破れそうな感じはしませんが、重厚感はない。まあ軽くていいのでしょうが。


<サイズ>
予想通り私にジャストサイズ。
F-6の気に入らなかった点は、蓋の金具が2箇所もあって開け入れに煩わしいところ。
それをこのF-3Xは一箇所で済むので助かる。
本体に入るもの
1)標準ズームつけっぱなしのD500 (仕切り「H」字の真ん中横棒を外す)
2)AF 70-200mm f4
3)AF 16-35mm f4
サイドに入るもの
4)フラッシュ、テレコンなど
フロントに入るもの
5)ケーブル、バッテリーなど
まあ、これ以上入れると重くて持ち歩けないというぐらい、十分入る。
ただし、2)がf2.8の人はたぶんフード付けたままでは入るまい。そういう方はF-4サイズがいいのでしょう。
e0303566_07323225.jpg
1)は写真の様に仕切りをつけてボディ2台でもいける。写真はD500 x 2(仕切り「H」字の真ん中横棒を付ける)
あるいはボディ+レンズを外だししているならば、ここにレンズも入る。ショルダータイプのカバン持って長時間歩くならこれが重さの限度。これ以上はリュックタイプが必要になる。

さあ、しばらく使ってみましょう。

by keizo-f | 2018-03-05 07:40 | Comments(8)

メキシコに引っ越してきました。