人気ブログランキング |

タグ:フィルム ( 220 ) タグの人気記事

チレエンノガーダ

メキシコでは独立記念日(9月16日)が近づくと、チレエンノガーダという料理を食べて祝います。緑のチリに詰め物。白いソースをかけて。その上にザクロを振ります。緑、白、赤は国旗の色です。
プエブラの写真クラブに招待いただき、美味しくいただきました。
e0303566_00425404.jpg
その時持参したのはNikon F3+MD4, 45mm f2.8P シャキンシャキンといい音します。
コンタクトプリントとそのカメラ+レンズを一緒に撮ろうとしたら、ハクが邪魔しにきました。笑

by keizo-f | 2019-09-17 00:44 | Comments(4)

CONTAX Planar

このYC Planarは描写も好きですが、何より鏡胴のデザイン、フォーカスのトルク感が琴線に触れるんです。
ボケは最近の世代のPlanarやZ Nikkorのクリーミーなボケなど期待はできませんが、ネガフィルムと相まってなんだか印象派の絵画の様な適度なざわつき感があり(ちょっと褒め過ぎごめんなさい。)、それはそれでいいなと思うのです。
単4電池4本充填したCONTAX STの派手な巻き上げ音は、朝のスムージー屋さんの静寂を「けっ、俺意識高い系の奴らとか好かんけんね、関係ないけんね。(椎名誠調)」と蹴飛ばします。

e0303566_11283390.jpg

by keizo-f | 2019-05-17 11:30 | Comments(2)

オイスターバー 其の二

ちょっと席を離れてオイスターの具合を見学。
氷に埋めてあるんですね。
生牡蠣もいいけど、グリルしたのも美味でした。
各種山地が書いてあって、「KUMAMOTO」もあるのですが、小さいのでパス。
どうやら熊本産ではなく米国産らしいです。

e0303566_13444161.jpg

Leica MP, 21mm, Ilford HP5+





by keizo-f | 2019-02-19 13:47 | Comments(4)

オイスターバー

家族で昼呑み(笑)は近所のオイスターバーで。
メキシコは18歳から合法なので高校生の息子もRon + CokeでCuba Libre。
日本では「キューバ・リバー(キューバの川)」と呼ばれていますが、本当は「キューバ・リブレ(Cuba Libre:キューバの自由)」が正です。革命当時の合言葉を冠したカクテルです。
e0303566_09141213.jpg

久しぶりに持ち出したLeica MPにはIlfordを詰めて。
メキシコの写真家から現像液Rodinalをもらったので無攪拌現像に挑戦しようとも思いましたが、しばらく使っていない既存の現像液が酸化する前に使い切れるか心配になったのと、試し撮りのつもりがせっかくの家族の写真になったので冒険せずに普通の現像にしました。
バーなのにコントラストが高いのは、昼呑みだからです。笑
Lecia MP, Biogon 21mm, Ilford HP5+

by keizo-f | 2019-02-18 09:15 | Comments(4)

夏のお買い物 CONTAX ST

もう11月で過ぎた話題ですが。
8月に一時帰国して是が非でも訪れたのはCONTAXの聖地、カメラの極楽堂さん。
メキシコの手元に一台だけあるCONTAXはRTS II。その巻き上げスプールの一部が自動していないのに気づいた。フィルム自身の動きできちんと巻き上げられているので今の所撮影に特に問題はないのだが、少し心もとない。メキシコではCONTAXを販売する店はもちろん修理できる店はない。
そこでバックアップ用にとお店と相談、あれこれカメラを出してもらって選んだのがこのST。
最後まで迷ったのがRTS III。超弩級のボディは過去に一度手にしていた。あまりの重さに手放したが、その精緻なボディはもう一度手にしたいと思っていた。しかし今回はあまりコンディションのいいものが無かったため選んだのがST。
お店の方が弱点としていたキュイーン、キュイーンと少しうるさく緩い巻き上げ音もかえってレトロ感あり、よろし。
ホールド感も、剛性感もさすがCONTAXというヨロコビ。
AEロックがスポット測光でしかできないという弱点もアドバイスされたが、日頃からテキトーな露出でしか撮っていないのでモンダイなし。
(しかし、そういう弱点をもきちんとアドバイスしてくれる専門店は、やっぱり頼りになりますね。)
e0303566_06275743.jpg
で、使用感はどうか?
いや、実はまだフィルム一本入ったまま取りきってもいないのです。笑 それは、これからノンビリと。

by keizo-f | 2018-11-26 06:28 | Comments(6)

カメラ談義 in Mexico

メキシコの写真愛好家たちもやっぱりカメラやレンズには一過言ありますね。
高級なもの、廉価なもの、いろんな個人の状況によって選んだ愛機。それぞれ自分の思い入れがある。
中にはプラボディの廉価なものでも表面が擦り切れテラテラになるまで使い込んでいる強者も。そういう愛機への思い入れも写真に込められているから面白い。

e0303566_23464991.jpg
Nikon F6, 105mm f1.8S, Ilford Delta 400

by keizo-f | 2018-10-28 23:51 | Comments(2)

霧の中を

朝5時半集合。
筏の様なボートに乗って出発。
陽が昇ってきたら、霧の中を縫って進みます。

e0303566_23155867.jpg

Nikon F6, 45mm, Ilford DELTA 400

by keizo-f | 2018-10-21 23:16 | Comments(4)

A Mexican Photographer

メキシコ・ニコンファンのXochimilco写真ツアーを企画してくれた写真家のペドロさん。
撮る写真も素晴らしいが、人柄も素晴らしい。
Gracias, Pedro!

e0303566_11574711.jpg

Nikon F6, 105mm, Ilford DELTA 400

by keizo-f | 2018-10-21 11:58 | Comments(0)

市場の焼肉

市場でお肉を買ってその場で焼いてもらう。飲み物はその辺で調達。家族一列に並んで仲良く食べる。もう市場内が煙もうもう。笑
実際に食べてないので味はわかりませんが、この雰囲気だけで美味しいだろうなというのはわかります。
e0303566_01012242.jpg

e0303566_01035015.jpg
Nikon F3, 50mm

by keizo-f | 2018-09-03 01:02 | Comments(4)

図書室 Take2

旅行に出ると、あれも見たいこれも見たいでついついバタバタしてしまいます。
休暇が短い日本人は仕方がないですけど。
高質なリゾートホテルとか行くと、図書室とかありますね。
ああいうところで、ウイスキー飲みながらゆったり本を読んだり写真集見たりするのは、なんか憧れます。
もちろん、そういう時のお供のカメラは、MFのフィルムカメラで。
でも、やっぱりバタバタしちゃうんですな、貧乏性の私は。
e0303566_10443607.jpg
Nikon F3, 24mm, Ilford HP5+, Ilfosol 3, 1:14, 20℃, 11min

by keizo-f | 2018-08-29 10:46 | Comments(2)

メキシコに引っ越してきました。