タグ:Nikon Df ( 201 ) タグの人気記事

瞑想

いい気分でしょうね。
一人でいる休日の夕方。こういう時間も大切でしょう。
何を聴いているんでしょうね。
e0303566_10321216.jpg

Nikon Df, 58mm f1.4
このレンズ、以前は値段の割に安っぽい外観が好きになりませんでしたが、描写を見るとかなりいいレンズだと感じています。ニコンはその光学技術は申し分ないですが、もう少しレンズの外観に気を使って欲しいです。


by keizo-f | 2018-04-04 10:33 | Comments(2)

先出の美人カメラマン(達)と散歩しているときにみつけた車。
e0303566_12034889.jpg
BMWのバッチが付いているけど、ふざけて付けているんだろうと思っていました。
偶然、ディスカバリーチャンネルの「名車再生 クラッシックカーディーラーズ」でこの車が取り上げられていて本当にBMWだったんだと初めて知りました。
車の前面がドアになっているのもイカしています。今はミニがBMW傘下になっていますが、こっちの方がはるかに小さい。いつか乗っていみたいですな。
e0303566_12041884.jpg

Nikon Df, 58mm


by keizo-f | 2018-03-29 12:04 | Comments(6)

メキシコの写真家

アレハンドラさんは、写真家兼音楽家。様々なジャンルを撮られるようですが音楽家のポートレートは特に秀逸。やはり自分も演奏するので演奏家の撮られたいアングル、ツボがわかるのでしょうか。
週末の夕方に仲間にお誘いいただき、5人で石畳の残るコヨアカンという街を散歩。
ところで「ニコン使いの女性は美人が多い」説は誰が言い出したかわかりませんが、当たっていると思います。笑
e0303566_00590469.jpg
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-26 01:01 | Comments(10)

宝くじな男

当たるといいですね。
e0303566_12471534.jpg
この58mmという画角、スナップ写真に使うには最初は少し狭いと感じました。何かをちょっと見つめる画角という感じですかね。背景が入る範囲が限られるので大雑把にできずかえって気を使います。しかし、慣れてくるとそれが面白い。
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-17 12:50 | カメラ | Comments(2)

魚な男

自転車の上に魚がついている。
自転車は走りながら魚の顔が左右に揺れる、顎が上下する。
休日の公園に現れ、子供達の人気者となる男。
操作の仕方などを一通り教えてもらったが、「何が目的ですか?」なんだかそれは訊いてはいけないことの様に感じて尋ねられなかった。
e0303566_05423477.jpg
Nikon Df, 58mm

by keizo-f | 2018-03-12 05:43 | Comments(4)

米国では安いんですよ、DOMKE。ついつい出張に行くと増えてしまいます。
F-6が擦り切れかなり痛んできたので、同じ形では芸がないと思い年末にF-4買ったのです。しかし、思っていたより大きくて不恰好。
そこでF-3X、ついでに前から気になっていたワックスウェアにしてみました。
e0303566_07342516.jpg

<ワックス>
想像していたよりもかなり「ベタベタ」でびっくり。
機材を入れると機材がベタベタになる。このままで使う人いるのかな?というぐらい。うーん。
そこで、躊躇せず洗濯機で洗った後がこの写真。
e0303566_07301658.jpg
少しはベタベタが緩和されたけれども、日陰干しした朝、ワックスが表面に浮き出てきた。タグのMade in USAは嬉しいが、うーん。
e0303566_07315226.jpg
日向に置くとワックスが溶けて表面に浮き出てくる。とてもこのままでは使えない。


またもや躊躇せず、今度は手洗い。洗剤に浸けたわしでゴシゴシ。
ワックスを全部取り切らない様に少し手加減して。陰干しとか面倒になり日向でがっちり乾燥。

e0303566_07311967.jpg
乾燥後の姿が一番上の写真。ちょっとワックスが残り今度はいい具合。ただ、一回も使ったことないのに、なんだか10年ぐらい使った風合い。笑
ワックスが付属してくるが、まあ使うことはなかろう。生地もオリジナルのキャンパス地がまるで「リーバイス501」の様ながっちり感に対し、これは「ユニクロのチノパン」みたいな薄さ。破れそうな感じはしませんが、重厚感はない。まあ軽くていいのでしょうが。


<サイズ>
予想通り私にジャストサイズ。
F-6の気に入らなかった点は、蓋の金具が2箇所もあって開け入れに煩わしいところ。
それをこのF-3Xは一箇所で済むので助かる。
本体に入るもの
1)標準ズームつけっぱなしのD500 (仕切り「H」字の真ん中横棒を外す)
2)AF 70-200mm f4
3)AF 16-35mm f4
サイドに入るもの
4)フラッシュ、テレコンなど
フロントに入るもの
5)ケーブル、バッテリーなど
まあ、これ以上入れると重くて持ち歩けないというぐらい、十分入る。
ただし、2)がf2.8の人はたぶんフード付けたままでは入るまい。そういう方はF-4サイズがいいのでしょう。
e0303566_07323225.jpg
1)は写真の様に仕切りをつけてボディ2台でもいける。写真はD500 x 2(仕切り「H」字の真ん中横棒を付ける)
あるいはボディ+レンズを外だししているならば、ここにレンズも入る。ショルダータイプのカバン持って長時間歩くならこれが重さの限度。これ以上はリュックタイプが必要になる。

さあ、しばらく使ってみましょう。

by keizo-f | 2018-03-05 07:40 | Comments(8)

20mmのスナップ

先日のレンズとは変わって、軽いレンズです。
このレンズだけで出かけるとDSLRでも楽チン。
いつも言ってしまうけど、外観だけもう少し「良さげ」にしてくれたら、もっと人気が出ると思うんですけどね。
e0303566_12102638.jpg

San Miguel de Allende
Nikon Df, 20mm f1.8

by keizo-f | 2018-02-27 12:10 | Comments(4)

Haku (うちの猫)

実は最近、全然写真を撮っていないんです。ブログの更新もままならぬ状態。
別に写真がキライになったわけでもなんでもないのですが。
そこで、毛玉だらけのHakuが散髪してすっきりしてきたので、久しぶりにカメラを構える。
レンズは重くて全然持ち出していないSIGMAの50mm。流石の描写。もう少し軽かったらいいなぁと無い物ねだり。

e0303566_10302435.jpg
Nikon Df, SIGMA 50mm

by keizo-f | 2018-02-26 10:31 | Comments(4)

San Miguel de Allende

久しぶりにSan Miguel de Alledeに。
スペイン人が入植してきたころの要塞都市は、今は世界遺産の観光地に。
欧米からはたくさんの観光客がありますが、まだ日本やアジアでは無名なので洪水の様な中国人観光客もなく落ち着いた雰囲気を楽しめます。
街の景観を保つために、壁の色や街頭の色まで統一されています。もちろん日本の観光地にある様な大量の「のぼり」の汚染もありません。
特別なアトラクションがあるわけでも、有名な滝があるわけでもない、ただ街をぶらぶらゆったり時間を過ごす大人の観光地もいいものです。
e0303566_02344501.jpg

Nikon Df, 70-200mm



by keizo-f | 2018-02-14 02:35 | Comments(6)

ろうそく

少し季節を外したクリスマスの写真です。
夕食後にホテルに帰る途中に偶然であった人々。ろうそくを手に、街を練り歩きます。
「写真を撮ってもいいですか?」と聞くと「問題ありませんよ。」と返事をいだたく。
ただし宗教行事なので邪魔にならないように気をつけて撮らせていただきました。
e0303566_13214775.jpg
Nikon Df, 20mm f1.8
ブレないようにISOは6400までグッと上げて。
このカメラは画素数が控えめなので高感度ノイズ耐性は結構いいと思います。

by keizo-f | 2018-01-08 13:23 | Comments(2)

メキシコに引っ越してきました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30